オプティマルの人生を!

オプティマルヘルスとは
人間として心身ともに生き生きとして
その年齢時点での最高(オプティマル)の健康状態を実現することをいいます。

オプティマルヘルス

健康学の話題 -ブログ最新記事

健康の基本は良い水から

水道管の錆び

これが老朽化して錆びた水道管の中身です。
一般住宅やマンション建物内の配水管も20年も経過すればこうなります。

人間の体の大部分は水でできています。
「素粒水」は、素粒子エネルギーを発生する 体に良い水です。素粒水が素粒子エネルギーを生成する理由は、振動能力の高さです。
太陽から届く光のエネルギーにはたくさんの素粒子が含まれており、それが地球生物の命を育む大切な要素となります。
この素粒子エネルギーを伴った水を、ご家庭で生成することができる活水器があります。

酵素玄米ごはんの作り方

酵素玄米ごはん

SMAPの木村拓哉さんが健康法として「酵素玄米ごはん」を紹介したことで話題になりました。
「酵素玄米」とは、玄米を発酵させたものです。食べると免疫力を高め、体がデトックスされていきます。

有害電磁波が人の体温を下げ免疫機能を低下させる

電磁波

有害電磁波が大変な社会問題になっています。
イタリアでは「脳腫瘍になった原因は携帯電話の電磁波だ」という60歳男性の訴えを最高裁判所が認め、労災保険の支払いを命じる判決が出ました。
電磁波は脳波のリズムを乱し、不安感や精神的落ち込みを増し、不眠症、うつ病などを引き起こすこともあります。また、人の免疫機能を低下させ、アレルギーや高血圧、動脈硬化、糖尿病などを引き起こすこともわかっています。
美波動 Bhado)))の末梢神経を刺激する効果によって、血行が良くなり、低体温の方は体温が上がっていきます。そうすることで体内に溜まった汚れを溶かしていくのです。

人類の健康は食にあり、土にあり ・・・アープ・トーマス・オルガ菌

水車

子供が健全に成長するためには、健全な環境の中で子育てをすることが大切です。
同じように、農作物が健全に成長するためには育つ環境が大切です。ところが現代は化学肥料や農薬の多用により土壌が病んでいます。
安全でおいしい作物を収穫するためには土壌環境を整えていく事「土づくり」が必要不可欠です。
有用微生物群アープ・トーマス・オルガ菌を使用した自然環境農法は究極の予防医学です。健康な土が人間の健康を支えるのです。 
⇒つづきを読む