栄養素の種類

人間が生命を維持するために必要な栄養素は、大きく分けて糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルに分けられ、これらを五大栄養素といいます。

これらの中でとくに必要量が多い糖質、脂質、たんぱく質、脂質は、体を動かすエネルギー源になる栄養素で、とくに三大栄養素と呼ばれています。

糖質は、穀類や砂糖などから得られ、炭水化物を構成する成分で、主に脳・神経系のエネルギー源になります。

脂質は、主に脂肪として蓄えられ、活動時のエネルギーとなる物質で、脂質には動物性脂肪、魚油、植物油があります。
陸上の動物に含まれるのは主に飽和脂肪酸であり、コレステロールを上昇させ、血液を流れにくくする性質があります。
一方、青魚の脂肪に多く含まれるDHAやEPA、植物油に含まれるオイレン酸、リノール酸、α-リノレン酸、アラギドン酸などは不飽和脂肪酸に分類され、コレステロール値を下げ、生活習慣病を予防するといわれています。

たんぱく質は、人体を構成する物質の中で水の次に多い物質で、筋肉や臓器、血液、皮膚などの主成分となります。また、生命を維持するための基礎的な働きをする酵素や、体内に入ってきた外的と戦う抗体もたんぱく質によってつくられます。
たんぱく質は体内でアミノ酸に分解されますが、人体のたんぱく質を構成しているのは20種類あり、そのうち体内で合成することができないアミノ酸はイソロイシン、ロイシン、トリプトファンほか9種類あり、これらを必須アミノ酸と呼んでいます。

ビタミンとミネラルは主に代謝と関係し、体調を整える重要な働きがあります。
三大栄養素と比べて必要とする量は微量ですが、外食や加工食品の多い現代人に不足しがちな栄養素は、三大栄養素よりもビタミンとミネラルであるといえます。
私たちが食べたものの栄養素は、体内で起こる化学反応によって消化・吸収されます。このような化学反応のことを“代謝”といいいます。
代謝には、そのほかに細胞の生まれ変わり、不要物の排出などあらゆる生理機能が含まれます。
この代謝を行なうためには、“酵素”という物質の働きが不可欠です。
体内には数百種類の酵素が存在し、酵素の元は細胞でつくられますが、ビタミンやミネラルが加工されてつくられる補酵素と結合してはじめて機能します。

栄養素の種類

三大栄養素

糖質、脂質、たんぱく質(プロテイン)

ビタミン

水溶性/ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12、ビオチン、パントテン酸、ビタミンC  脂溶性/ビタミンA、ビタミンE、ビタミンD、ビタミンK
ビタミン様物質・・・イノシトール、コリン、コエンザイムQ10(ユビキノン)、PABA(パラアミノ安息香酸)、リポ酸、ビタミンP、ルチン、ビタミンU(キャベジン など

必須ミネラル

必須ミネラル/カルシウム、リン、カリウム、イオウ、塩素、ナトリウム、マグネシウム  微量元素/鉄、亜鉛、銅、ヨウ素、セレン、マンガン、モリブデン、クロム、コバルト など