抗酸化作用が期待できるハーブ

ハーブの抗酸化作用

生活習慣病の大きな原因となるのが活性酸素です。癌(がん)は細胞の中にある遺伝子の異常によって起こる病気で、遺伝子情報を破壊するのが活性酸素であるといわれています。
様々な食品中に含まれているビタミン、ミネラル群が活性酸素の働きを抑える抗酸化物質(スカベンジャー)となります。
とくにハーブと呼ばれている植物には、抗酸化作用を持つ成分を多く含むものがあります。

抗酸化作用が期待されるハーブの種類

医療の現場では植物多糖体類の がん抑制効果を認めており、実際にシイタケ、スエヒロタケ、カワラタケなどが制がん剤として使用されています。

その他抗酸化作用のあるハーブは膨大な数にのぼります。
セージ、アカシソ、オレガノ、バジル、ペパーミントなどシソ科のハーブや、ワサビなどのアブラナ科のハーブには抗酸化作用のある種類が多いようです。これらのハーブにはEPAやDHAなどの不飽和脂肪酸が含まれています。
中国式刺激療法などで用いられているハーバリーンも免疫力を向上させます。

また、カレーを黄色にするスパイスであるターメリック(ウコン)に含まれるクルクミンと呼ばれる成分に がん予防効果のあることは良く知られています。

さらに、アシタバに含まれるクマリン、ニンニクに含まれるアリシン、タマネギに含まれるサイクロアリシンなどの成分にも抗酸化作用があるといわれます。
日常生活で中に毎日ハーブティーを取り入れることは、がん予防に限らず、健康維持のために有効であるといえるでしょう。