ビタミン・ミネラルの知識(7)―不定愁訴と栄養療法

近年、不定愁訴を訴えている方が増えてきています。
不定愁訴は「未病」とも言い、病名が付けられない漠然とした体の不調のことです。
不定愁訴(未病)は一般の病院へ行っても解決しないことが多いために、様々な民間療法や代替療法を検討する方が多いようです。

健康の基本は何といっても「食」の改善なのですが、不定愁訴のある人は腸が弱くなっていることが多いため、食べ物による栄養の吸収力が落ちています。
そのような方には、サプリメントを利用した栄養療法が有効な手段となることがあります。

栄養療法に用いるベーシックなサプリメントは、ビタミンとミネラルの総合サプリメントです。
国内メーカーのもので無添加の品質の高い総合サプリメントとして、杏林予防医学研究所が開発したマルチミネラルビタミンがあります。
医療機関による栄養療法では、その方の症状に合わせて総合サプリメントに追加するサプリメントの種類を検討します。

本格的に栄養療法を試したい方は、栄養療法を実施している医院にご相談されることをおすすめいたします。
主に血液検査の結果をもとに、ひとりひとりの症状に合った高品質のサプリメントを処方していただけます。

※参考 栄養療法を実施している医院一例

東京都渋谷区   渋谷塚田クリニック 
東京都新宿区   新宿溝口クリニック  
東京都渋谷区   ナチュラルクリニック代々木
千葉県千葉市   マリヤ・クリニック
栃木県宇都宮市 半田醫院
石川県金沢市   ナガサト太陽クリニック
滋賀県大津市   木下内科
大阪市生野区   田中クリニック
大阪市天王寺区  たにまちクリニック
大阪市淀川区   はるなクリニック
兵庫県宝塚市   SINGA宝塚クリニック
三重県鈴鹿市   三重心身クリニック
岡山県玉野市   山の家クリニック青井医院
福岡県久留米市  ふじもと医院
福岡県福岡市   木村専太郎クリニック
沖縄県糸満市   ハートフルクリニック