健康食品はガンを予防するか

近年、この健康食品でガンが改善するとか、ガンを予防できるというような話をよく聞きます。それらの中にはガン患者を食い物にするような悪質な商法もあります。

ガンの大きな原因となるのは「活性酸素」です。
したがって抗酸化作用のある成分を含む健康食品は、ある種のガンを予防できる可能性があるでしょう。
しかし、ひとつの抗酸化物質がすべての活性酸素の除去に効果があるわけではないので、ある健康食品を摂取して効果があった人がいるからといって、それがすべての人に有効であるとは限らないことを理解しておくべきでしょう。

活性酸素から身を守るためにの基本は、ビタミン、ミネラルバランスのとれた食事です。
カロテノイドやビタミンC、Eなど、抗酸化物質といわれるあらゆる栄養素を摂取できる食事を心掛けると良いでしょう。
また、ストレスも体内に活性酸素を増やしてしまう原因になります。
ストレスを感じやすい環境の中で生活している人は、自分なりのストレス解消法を持っておくことと同時に、肉体疲労や精神疲労の回復に有効であるといわれるビタミンB1、ビタミンC、E、カルシウム、鉄、マグネシウムなどをしっかりと補給できる食事を摂ることが必要です。

また、活性酸素を増やしてしまう食事というのがあります。
残留農薬や防腐剤などの食品添加物が多く含まれた食材は当然のことですが、塩分と脂質、とくに精製された食塩や動物性食品を大量に摂取すると、ガンになる危険性を増大してしまうことがあります。

麻の実は食品の王様
タンパク質が豊富でミネラルバランスの良い麻の実ナッツがおすすめです。麻の実は、天然のマルチサプリと言われています。また、ナッツ類は食物繊維も豊富なので、腸内環境が整います。
麻の実油(ヘンプオイル)は、不和脂肪酸であるオメガ3とγ-リノレン酸を同時に取れる希少な食品です。