素粒水を使った酵素玄米ごはんの作り方

酵素玄米

SMAPの木村拓哉さんが健康法として「酵素玄米ごはん」を紹介したことで話題になりました。
「酵素玄米」とは、玄米を発酵させたものです。食べると免疫力を高め、体がデトックスされていきます。
素粒水の浸透力で劇的に美味しい酵素玄米ごはんを作ることができます。

材料

玄米   4合
小豆  30グラム
自然塩  5グラム
素粒水

1.表皮に傷をつけるように玄米を洗う

酵素玄米の作り方

素粒水に浸けた玄米を通常の洗米のように泡立て器(撹拌器)で擦り合わすように3~4回洗います。玄米の表面に傷が付くことで素粒水が浸透しやすくなります。小豆も軽く水洗いします。洗い終わったら、玄米と小豆を混ぜ合わせて24時間素粒水に浸しておきます。
24時間素粒水に浸した後、玄米を炊く前に自然塩を5g加えてよく混ぜます。

2.水加減は大目に。自然塩を使う。

炊く際の水加減は玄米4合に素粒水800ccを目安に白米を炊くよりも多めにします。
塩を入れるとカリウムの苦みが抑えられて美味しくなります。また、何度か作っていただきお好みでお酒(純米日本酒)を4cc入れると旨味と甘みが出違う美味しさになります。

3.炊き方

酵素玄米

白米を炊くのと同じく炊飯器で炊きます。炊飯器に玄米モードがあれば玄米モードで、圧力鍋があれば圧力鍋で炊いてもできます。
炊き上がったら50分そのまま蒸らします。
炊き上がった玄米を蒸らし終ったら、見た目に少し濡れた感じになるまで素粒水を足しながらよく掻き混ぜます。
蒸らし終わったらよく掻き混ぜて(素粒水を少し足す)炊飯器の保温モードのまま4日間寝かせます。

4.素粒水を足しながら寝かせます

酵素玄米 酵素玄米
炊き上がった玄米に素粒水を足しながら掻き混ぜて炊飯器で24時間保温のまま寝かせます。
1日目、見た目に少し濡れた感じになるまで素粒水を足しながらよく掻き混ぜます。
2日目、見た目に少し濡れた感じになるまで素粒水を足しながらよく掻き混ぜます。
3日目、掻き混ぜた後、味見して食感にもちもち感があれば、そのままもう1日寝かせます。もちもち感が足りなければ少し素粒水を足します。
4日目、掻き混ぜた後、味見をして食感にもちもち感があれば完成です。

5.保存の仕方

保存する場合は、ラップに包むか密閉容器に入れて冷凍保存してください。解凍は自然解凍して保温ジャーに戻して食べてると美味しくいただけます。
保温ジャーに入れたまま食べ切る場合は、玄米の乾燥具合で4.の寝かせ方と同じように素粒水を足して水分を補えば、もちもち感を損なわずいただけます。

素粒水生成器の詳細はこちら