「ワンウォーターECO」の性能試験結果

[トリハロメタンに関する試験結果]

試 料   
 家庭用浄水器 「ワンウォーター」
検査項目   
 トリハロメタンの除去性能確認
試験方法   
 新品のカートリッジを装着した浄水器に、総トリハロメタン濃度0.1ppm水溶液を通水量2L/minにて500L通水、採水してトリハロメタン濃度を測定した。
 更に1,000L、1,500Lおよび2,000L、2,500L通水時に採水してトリハロメタン濃度を測定した。

試験結果(単位 : ppm)

試験項目通水前500L通水後1,000L通水後1,500L通水後2,000L通水後2,500L通水後
総トリハロメタン0.10.0010.0010.0010.0010.002
クロロホルム0.0450.0010.0010.0010.0010.001
ブロモジクロロメタン0.0300.001未満0.001未満0.001未満0.001未満0.001未満
ジブロモクロロメタン0.0200.001未満0.001未満0.001未満0.001未満0.001未満
ブロモホルム0.0050.001未満0.001未満0.001未満0.001未満0.001未満

測定方法   
 家庭用浄水器試験方法(JIS S 3201)に準拠したGC/MSを用いたSIMSによる
試験期間   
 ウォーターサイエンス研究会 〒542-0081 大阪市中央区南船場4-9-11
試験年月日  
 平成12年12月13日
試験番号   
 No. 200B-101(様式03)


[ダイオキシン類に関する試験結果]

試 料    
 家庭用浄水器 「ワンウォーター」
検査項目
 ダイオキシン類化合物の除去性能確認 試験方法 新品のカートリッジを装着した浄水器に、濃度10ppbに調整したダイオキシン相当化合物水溶液を通水量2L/minにて500L通水、採水してダイオキシン相当化合物の残留濃度を測定した。
 更に1,000L、1,500Lおよび2,000L、2,500L通水時に採水してダイオキシン相当化合物の残留濃度を測定した。

試験結果

経過時間 残留ダイオキシン相当化合物濃度(ppb)
初期濃度10.00
500L通水時 0.33
1,000L通水時 0.35
1,500L通水時 0.30
2,000L通水時 0.06
2,500L通水時 0.06

測定方法   
 家庭用浄水器試験方法(JIS S 3201)に準拠しGC/MSを用いたSIMSによる
試験期間   
 ウォーターサイエンス研究会 〒542-0081 大阪市中央区南船場4-9-11
試験年月日  
 平成12年12月13日 試験番号 No. 200B-103(様式03)


浄水器の選び方

浄水器の多くは浄水カートリッジに‘吸着ろ過素材’を使用しています。そのため小型浄水器より大型浄水器の方が浄水能力は高いとみられていました。
一般家庭で使用する大型浄水器の浄水カートリッジは半年から長いものは8年で交換します。しかし、‘吸着ろ過素材’を長期間使用すると汚れを抱えたままの不衛生な状態となり安全性に問題が生じます。

さらに浄水器本体に水を引くための取水ホースと浄水後に通水する排水ホースは本体扱いで交換されないため、排水ホース内部の壁面に泥状の汚れが付着した状態になる場合もあります。
最近では殺菌機能が付加されたタイプもありますが、ホース内の洗浄ができません。それに比べて小型タイプは、汚れた浄水カートリッジを短期間で交換することで衛生状態を保つことができます。

以上の理由からワンウォーターECOは小型浄水器の機能性を選択しています。